ブリッジができるようになりました!!

NO IMAGE
   

私の一番のお気に入りのクラスFlexibility(柔軟)クラス、まだまだ通っています。

このクラスの流れは3週で1セットになっていて、

1週目:ヨガポールでのストレッチ

2週目:脚の柔軟

3週目:背中の柔軟

の流れですすんでいきます。

3週目が終わると、また1週目に戻ります。

ちなみにこの1週目のヨガポールストレッチが私のお気に入りで、クラスがない時は自分でこのストレッチをやるようになりました。

ヨガポールとはこんな感じの棒で、コロコロ転がして使います。

私たちがジムで使っているヨガポールは凹凸が全体についており、ストレッチしたい部分に押し当てるとなんとも「痛気持ちいい」んです!

私のはもう少し長いサイズなのですが、短いやつでもうまくあたれば十分効果はあると思います。

「筋膜リリース」とかいって今人気みたいですね。

多分人によっては「辛い」くらい痛いんですけど、わたしはどうもこういう痛みが好きみたいで(変態?)若干癖になってます。

さて今週は3週目の「背中の柔軟」

脚も硬いんですが、私は背中もかなり硬いみたいです・・。知りませんでした。

この背中の硬さというのはひいては背中の筋肉を動かしていない=姿勢が悪いというところにもつながっているように思います。

現在姿勢の悪さを改善するために背中の筋肉を鍛えたり、胸を開く筋トレをやっていてだいぶん改善されてきました。

けれど多分それだけではいけないのかもしれません。

筋トレしていてもまだ「背中の筋肉を動かす」という感覚がつかめないのです。

背中の硬さをとってもっと柔軟に背中を動かせるようになれば、筋トレももっと効率的に行えるような気がします。

さて本題ですが、今回のクラスでは背中の柔軟をするために

少しずつ少しつずつストレッチをして、最後に「ブリッジ」に挑戦しました。

私はブリッジしようとすると腕で立つことができず頭で支えてしまって断念してしまう、、ということになってしまい子供の時からブリッジをすることができませんでした。

先生が言うにはブリッジをする際に大事なのは「腕では支えない」ということです。

腰の前を突き出しお尻を持ち上げることで、体は腹筋で支えるそうです。

その証拠に先生がブリッジをしてる時は片腕を宙に浮かすこともできる。

目から鱗でした。

私はブリッジができないのは腕力がないからだったと思ってました。

どうやらブリッジのやり方がわかってなかったようです・・。

その証拠に私よりも腕力のないインド人女性ですが、ものすごくブリッジがうまいのです。

彼女は腰がとても柔らかく、綺麗なアーチ型を描いてました・・!

そして私のチャレンジの番、、先生のサポートのもと「えいっ」と腰を持ち上げると、、、

できましたー!!!!

うぉーーーーって走り出したいくらい嬉しかったです。(実際は大人なので控えめに喜びました)

ページ: 1 2