ピラティスとヨガの違いについての考察

ピラティスとヨガの違いについての考察
   

ここ最近の私のジムのルーティンは

月曜日:休み(外でウォーキング45分)

火曜日:ボディコンバット1hr

水曜日:休み(外でウォーキング45分)

木曜日:ピラティス1hr・ヨガ1hr

金曜日:フローティングヨガ1hr

土曜日:(行けたら)BOSUヨガ1hr・ピラティス1hr

日曜日:休み

今はこのスケジュールでいい感じにやっています。

毎日行くのも疲れるし、ほどよく休んで外での軽いウォーキングを挟むことでジムに飽きることなく続けられてます。

その中でも一番のお気に入りが

「ピラティス」

やる前はピラティスってヨガのハード版?みたいなイメージだったんですが、、、

まあ大体そんな感じでした。

ヨガのポーズを参考に、体幹(コア)を強くするエクササイズをする、そんな感じです。(違ってたらすいません。私のイメージです)

ただそもそもヨガは「瞑想」とか心と体のバランスを整えるといった、「メンタル」のものなんですよね。。。ダイエットではなく、元々は一種の「修行」!!

実際インド人の友達に「ヨガやってるよ」というと、「終わった後に気持ちの変化はある?」と聞かれ、、「そうか、そもそもインドの人にとってヨガってそういうものなのか・・」と気づかれた次第です。

まったく心の影響のことなんか考えてなくてダイエット目的でした・・・とは恥ずかしくて言えなかったので、「う〜〜ん、まだ感じないかなあ?」なんて曖昧に答えてしまった。。

ピラティスとヨガの違いは特に呼吸法にあるみたいです。

ピラティスもヨガも同じインド系のインストラクターが教えてくれるのですが、

ピラティスの時は呼気を「口から」短く吐き出す

ヨガの時は呼気を「鼻から」ゆっくり出す鼻呼吸

ように指示されます。

全然違うんですよね。

筋肉をつける、といったエクササイズ的なものを期待するならやはり「ピラティス」の方が向いてるかなと思います。

私の場合はヨガは柔軟性を高める、ストレッチ目的でやっています。

私たちのピラティスクラスは

特定の筋肉を鍛える短い動作を繰り返す、といった感じなので結構きついです。(腹筋運動やスクワットみたいな感じです)

ヨガも疲れるには疲れるのですが、種類が違う疲れなんですよね。

同じポーズを3〜5呼吸キープする。(動かない)

言葉にするのは難しいのですが、全く違います。

今好きなのは「ピラティス」です。

筋トレが続かない人、自分ではうまく筋トレができない人にはすごくいいと思います。

ただし、いいインストラクターがつけば、、ですかね。

私の先生はすごく教え方がうまく、それぞれの体に合わせてオプションも提示してくれるので無理することがないです。

間違った姿勢でやってたらきちんと直してくれるので時間の無駄にもなりません(直してくれない先生は多い・・)

また色々なツールを使って、毎回違う内容、エクササイズなのでやってて飽きません。

本当にいい先生が来てくれてよかったー!!って思います。

彼女の教えてくれるヨガもすごくいいので今は木曜日が一番充実感を感じます。

ジムってほんとインストラクター次第なところ、ありますね。

教え方のうまい人と下手な人では、雲泥の差ですからね。

幸いに、今はルーティーンがいい感じに回ってて体の調子はめっちゃいいです。

この調子で今年の目標を達成できますように!!