バランスボールの上にたてるのか

NO IMAGE
   

みなさんご存知のバランスボール、お家にあるかたも多いのではないでしょうか?・・・・うちにはいます。

さて私たちのジムには「BOSU」というクラスがあります

このBOSUというのはBOth Side Upの略で

こういう半円状のものを使って、体幹をうまく鍛えるように負荷をかけてトレーニングするクラスです。

プランク・サイドプランク・スクワット・ランジなどをこのBOSUを絡めて行うことでより体に負荷をかけてトレーニングすることができます。

このクラス内ではこのBOSUも使いますし、バランスボールも使います。

ジムのものは少し高価でバランスボールの中に砂が入っており、より負荷がかかるようになってます。

そしてこのクラス、難しい。

先生はヨガも教えてる先生なので主にヨガの動きをこの BOSUやバランスボールを使って行うのですが、

他のヨガのクラスにはないエクストリームなポーズを要求されるのがこのクラスの醍醐味です。

(以下私にはこのポーズはとれないので拙い絵でお伝えしますことをお許しください)

BOSUにのってバランスボールを片手で持って片足あげるとか、

バランスボールを片手で持ってスクワットするとか

バランスボール片手にサイドプランクをする、、

とか「いやほんと無理だよ!?」ということを先生は平気で言ってきます。

「先生はムキムキマッチョの男なんでできるんだ、無茶言いやがって」といつも(心の中で)悪態をついていました。

そんな態度で「どうせできっこないし」と思っていたら、事態は変わって来ました。

真面目にクラスに通っている他の人たちはそのエクストリームなポーズができるようになっていたのです。

ムキムキマッチョならともかく普通の子持ちの主婦さんたちもがバランスボールに立っている!!

衝撃でした。

これは、、、ムキムキマッチョじゃないからできないなんて言い訳してる場合ではない!

、、、てことで、(前置きが長くなりましたが)

バランスボールの上に立ちたい!!

と強く思い始めました。

さてバランスボールの上に立つのはどれだけ難しいのか。

そもそもバランスボールに立とうなんて誰が思いますかね?

一昔前に結構流行ったので家にある方も多いと思いますが、あれに乗ろうと試みる人は少ないと思います。

せいぜい手と足で支えないで上に座る、、その程度の利用かと思います。

私も今までそんな風にしてせいぜいバランスを取る練習をしていました。

実はバランスボールと使ったエクササイズのバリエーションは意外にも多く、私たちの先生もいきなりバランスボールの上に立つようにいい出したわけではありません。

そこに至るまでのステップがあります。

1ステップ:膝立ちアンド手つき

2ステップ:膝立ちで手を離す。上半身を起こす。

この状態で3分くらいはキープできるようにまず練習します。

3ステップ:スクワット手つき

ページ: 1 2